コンテンツにスキップする

ドル・円は110円台回復、新型肺炎への過度の懸念が一服-中国株反発

更新日時

東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=110円台へ反発。新型肺炎に対する過度の懸念が一服し、日本株や中国株の持ち直しを背景に、リスク回避の巻き戻しに伴う円売りが優勢となった。

  • ドル・円相場は午後3時5分現在、前日比0.2%高の110円05銭。前日のニューヨーク市場で109円76銭と約1週間ぶり安値を付けた後、東京市場では一時110円10銭まで上昇
  • ユーロ・ドルはほぼ横ばいの1ユーロ=1.1086ドル
109円台後半から持ち直し

市場関係者の見方

FXプライムbyGMOの上田真理人常務取締役

  • 新型コロナウイルスへの懸念が薄らいだわけではないが、日本株がプラスに転じ、相場に対する影響が小さいということで、少し円の売り戻しになっている
  • ただ、安心してドル・円や株を買おうという雰囲気にはならない

三菱UFJ銀行の平井邦行上席調査役(ニューヨーク在勤)

  • 新型ウイルスに関しては、先行きが不透明。状況を見守りながらとなるので、コンビクション・セル(確信を持った売り)のような動きにはならない
  • ウイルス対策で楽観的なニュースが出れば、ドル・円はまた上がると思うが、いったんは110円台は重くなるだろう

あおぞら銀行の諸我晃総合資金部部長

  • 新型ウイルスについてはSARS(重症急性呼吸器症候群)を連想して警戒する向きもあるが、現時点ではそれほどドル・円が下抜けするような材料にはなっていない
  • 109円70-80銭はこれまでレジスタンスだったところなので、一度止まりやすく買いが入ったかなというところ。当面は110円を挟んだような動きになりそう

背景

  • 中国の新型コロナウイルス死者、9人に増える-全国的な検査を開始
  • 中国当局は22日の記者会見で、現時点では他者への感染力が極めて強い「スーパースプレッダー」が存在する証拠はないが、そうした患者が出る可能性を排除することはできないと説明
  • 世界保健機関(WHO)は22日に緊急会合を開き、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言するかどうかを決定
  • 22日の東京株式相場は反発し、日経平均株価は166円高で終了。米株価指数先物も上昇。中国株は中国当局の記者会見を受けてプラスに転換
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE