コンテンツにスキップする

米中貿易合意は他の国からの輸入に影響せず-中国の韓正副首相

  • 「中国は一段と扉を開くだろう」-ダボス会議で講演
  • 一部の国の保護主義に直面しているが、開放への決意は揺るがない

中国の韓正副首相は21日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で講演し、米中貿易合意の枠外に置かれた国から不満の声が高まっていることに言及し、米中合意は競合する輸出国への打撃にならないと述べた。

  韓副首相は米国からの購入拡大の公約は世界貿易機関(WTO)の義務に沿っているとし、他の輸入を排除することはないと発言。また同副首相は、中国の世界経済への関わりについて説明する中で、中国は投資家への障壁を低くすると明言した。

  韓氏は「中国は一段と扉を開くだろう」とした上で、「一部の国の保護主義に直面しているものの、開放への決意は揺るがない」と語った。

  さらに韓氏は、「第1段階の貿易合意は米中と世界にとって好ましい」とし、「中国の米産品購入拡大はWTOのガイドラインに沿っており、他の国からの輸入に影響しない」と説明した。

原題:China Tries to Ease Concern U.S. Trade Deal Hurts Other Nations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE