コンテンツにスキップする

テスラ株、2021年の早期に960ドルも-最も強気なアナリストが予想

  • ボラティリティーは持続へ-ニュー・ストリート
  • 「次にどんな論争になるのかは神のみぞ知る」-フェラギュ氏

電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株価にウォール街で最も強気なアナリストは、同社株の目覚ましい上昇が今年加速し、2021年の早い時期に640-960ドルのレンジで取引されると予想した。

  ニュー・ストリート・リサーチのアナリスト、ピエール・フェラギュ氏は、テスラが25年以降、業界トップの利益率で年間200万から300万台を販売すると見込んでおり、時価総額2300億ー3500億ドル(約25兆2600億-38兆4300億円)、1株当たり約1100-1700ドルが正当化されると分析した。

  目標株価を530ドルからウォール街で最高の800ドルに引き上げたフェラギュ氏は「強気派と弱気派の意見の差は依然として大きいため、株価は値動きが荒いままだろう」と述べ、「次にどんな論争になるかは神のみぞ知る」と付け加えた。

  テスラは来週、四半期決算を発表する。21日の米株式市場では株価は一時7.2%高の547.23ドルに上昇。過去3カ月では2倍以上に値上がりした。

原題: Tesla Shares May Reach $960 in Early 2021, Biggest Bull Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE