コンテンツにスキップする

中国、コロナウイルス感染対策に総力-習氏は「全力で防止・制圧」

  • コロナウイルス感染が政治的な危機に発展しないよう迅速に対応
  • 安倍首相は入国・帰国時の検疫や検査を強化する方針を表明

新型コロナウイルスの感染が広がる中国では、この問題が政治的危機へ発展しないよう当局者らが対応を急いでいる。

  湖北省武漢市でコロナウイルスの感染が確認されてから3週間後の20日、習近平国家主席は「全力で感染拡大を防ぎ、制圧する対策」を講じるよう指示した。政府が一連の作業部会会合を開く一方、中国共産党の中央政法委員会はソーシャルメディアの公式アカウントを通じ、情報を隠匿すれば「永劫にわたり不名誉という柱にくくり付けられるだろう」と警告した。

CHINA-HEALTH-VIRUS

北京のバスで。マスクをつけて通勤する乗客(1月21日)

  中国のインターネット上には、コロナウイルスの感染拡大を17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)と比べる不安な声で溢れた。SARSはアジア各地で合計800人の犠牲を出した。当時は中国政府がSARSを早い段階で報告しなかったため無防備なまま感染を広げたとして、政府に批判が集中した。

  コロナウイルスの感染力は強いことが示唆されており、世界保健機関(WHO)は危険レベルをSARSと同じ水準に引き上げた。これまでに6人が死亡、日本と韓国、タイを含む数百人の罹患(りかん)が確認された。数億人の中国人が世界各地に旅行する春節(旧正月)の連休が近づいているだけに、対策の重要性は増している。

  各国政府も感染拡大を防ぐため積極的な対策を講じている。米国ではニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコで検査を実施。中国人旅行者に人気がある日本は安倍晋三首相が21日、入国・帰国の際の検疫や検査を強化する方針を明らかにした。

  国際的な衛生専門家は総じて中国の早い対応に前向きな見方だ。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のデービッド・ヘイマン教授(感染症疫学)は、「初期対応としては非常に迅速であり、効果があると期待している」と述べた。

関連記事
中国、新型コロナウイルスで22日記者会見-武漢で20日までに6人死亡

原題:China Seeks to Stop Virus Scare From Becoming Political Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE