コンテンツにスキップする

英労働市場は9-11月も堅調、就業率は過去最高-英中銀判断に影響も

英国の労働市場は政治的な混乱が続いた昨年11月までの3カ月間も持ちこたえた。イングランド銀行(英中央銀行)の政策当局者は利下げを検討しているが、この統計で思いとどまる可能性がある。

  英政府統計局(ONS)が21日発表したところによると、就業者数が20万8000人増と市場予想の2倍増え、就業率は過去最高に達した。失業率は3.8%で変わらず、40年ぶりの低水準を維持した。

Labor market numbers may give BOE doves reason to pause

  統計発表後にポンドは上昇し、ロンドン時間午前9時43分時点では0.2%高の1ポンド=1.3050ドル。英国債は上げ幅を縮小し、短期金融市場が織り込むイングランド銀行による1月の利下げ確率は65%付近にとどまった。

原題:
U.K. Labor Market Stays Strong as BOE Weighs Rate Cut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE