コンテンツにスキップする

仮想通貨懐疑派のシフ氏、保有ビットコインへのアクセス失う

仮想通貨懐疑論者のピーター・シフ氏は、デジタルウォレットがパスワードを受け付けなくなり保有するビットコインにアクセスできなくなったと明らかにした。

  「保有していたビットコインを全て失った」と、アライアンス・グローバル・パートナーズのチーフグローバルストラテジストであるシフ氏がツイッターのアカウントに投稿した。「ウォレットが何らかの理由でエラーを起こし、パスワードが無効になった」という。

  続いての投稿でシフ氏は、ビットコインはもらったものなので、「ひどい悲劇というわけではない」と付け加えた。

  「最後まで保有して仮想通貨という船と一緒に沈むつもりだった」が、 「私の船がビットコインより先に沈んだ」とコメントした。

  このツイートに対し多くの人が、アクセスできなくてもビットコインはまだ存在していると指摘した。

  パスワードが使えなくなってビットコインへのアクセスを失ったのはシフ氏が最初ではない。昨年は仮想通貨交換所クアドリガの最高経営責任者(CEO)が突然死亡し、顧客は約1億9000万カナダドル(約160億円)の仮想通貨にアクセスできなくなった。

原題:
Peter Schiff Says He’s Lost His Bitcoin After Wallet Freeze-Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE