コンテンツにスキップする

プライベートジェットの抜け穴残る可能性、ゴーン被告逃亡で対策も

  • 厳しい労働環境のため空港の保安検査は人手不足と専門家は指摘
  • ゴーン氏の逃亡と「同じことはほとんどの国で起こりえる」とも

日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告の逃亡により明らかになったプライベートジェットを巡る空港保安検査の抜け穴は今後も残り続けるかもしれない。

Kansai International Airport

関西国際空港

Photographer: Mami Nagaoki/Yomiuri Shimbun via AP Images

  ゴーン被告が大型の音響機器用の箱に隠れて日本を出国した問題を受け、赤羽一嘉国土交通相は7日、羽田や関西国際などの空港にあるプライベートジェット施設で大型荷物の保安検査を義務化したことを明らかにした。

  しかし、航空安全の専門家や保安検査を行う警備会社からはそうした対策の実効性について疑問の声が上がっている。

  日本航空出身で航空政策に詳しい桜美林大学の戸崎肇教授は、厳しい労働環境のため既存の「保安検査の要員自体があまり足りていない」中、プライベートジェットの乗客に対する検査を「どこまで実効的に検査できるかというのは難しいかもしれない」と述べた。

  赤羽国交相によると、保安検査は航空機の運航の安全確保へ爆発物や凶器など危険物の持ち込みを確認するため実施されているが、プライベートジェットでは不特定多数の旅客の安全性が求められないため機長が必要性があると判断した場合のみエックス線検査や荷物の中身チェックなどを実施していた。

Transport Minister Kazuyoshi Akaba News Conference As Japan Moves to Plug Holes Former CEO Carlos Ghosn Used to Flee

会見する赤羽国交相

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  赤羽氏は国際線プライベートジェットについて、ゴーン被告が身を隠していたような大きな荷物に対しては特に注意した保安検査を徹底するよう指示していると指摘。検査で不審な点があった場合、今後は検査する人が出国管理担当者などに情報提供するなど適切な出国管理に努めたいと述べた。

  会社法違反(特別背任)などの罪で逮捕、起訴されたゴーン被告は先月、保釈条件で海外渡航が禁止されていたにもかかわらずプライベートジェット機に乗ってひそかに日本を脱出した。

  ゴーン被告はレバノンで開いた会見では逃亡の詳細については明らかにしなかったものの、逃亡によりプライベートジェットを巡る空港のずさんな保安体制の問題が浮上した。

  匿名を条件に語ったプライベートジェットの機長によると、ゴーン被告逃亡が発覚するまでは乗客は事前に必要な手配を済ませておけば、乗務員と同様に保安検査を経ずに飛行機まで直接車で乗り付けることも可能だった。

  また、仮に保安検査がされたとしても検査員がエックス線検査のモニターをろくに見ていないような極めてずさんな状態だった。同被告の逃亡発覚後は検査がより厳格に行われるようになったという。

  国交省航空保安対策室によると、保安検査の実施は航空会社に任せており、ゴーン被告の逃亡時に保安検査がされたかどうかについても同省としては把握していないという。

  航空安全コンサルティング会社グリーン・ライトのマネージング・ディレクター、フィリップ・バウム氏はプライベートジェットへのずさんな検査は日本に限った話ではなく、ゴーン氏の逃亡と「同じことはほとんどの国で起こりえる」と述べた。

  匿名を条件に語った空港で保安検査を行う会社の幹部は、検査の限界についても指摘する。飛行機で遺体を搬送する場合もあり、保安検査で遺体と申請されたものが本当に遺体なのか生死を確認することは警備会社ではできないという。

Ghosn box

ゴーン被告が逃亡の際に隠れていた箱(トルコ警察当局提供)

  戸崎教授はそういった懸念に対して「現場としては当然出てくる疑問だ」とした上で、「どういった場合に問題が起きやすいのかということをある程度想定して訓練を積んでいくしかない。それ以上の責任を求めるのは酷だ」と述べた。

  その上で、今後は人間に頼るのではなく、温度検査の導入などにより検査の穴をふさぐ方向で改革を進めるべきだと述べた。

  東京入国管理局に24年勤めていた久保一郎氏は、ゴーン被告の逃亡は豊富な資金や人脈、複数のパスポートを所持といった条件が重なって可能となったとし、保安検査の厳格化による再発防止への効果に疑問を呈す。プライベートジェットの保安検査の現場では当初は国交省の通達を守られると予想されるが、1年も待たずに従来の緩い検査態勢に戻る懸念があるとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE