コンテンツにスキップする

ボーイング、シティ主導の銀行団から1.1兆円の融資確保近い-関係者

  • 投資家需要が目標を超えたら資金調達が拡大する可能性
  • 銀行のコミットメントは週内に締め切られる

ボーイングは100億ドル(約1兆1000億円)の融資確保に近づいていると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。2回の墜落事故後に運航停止となった737MAXを巡る危機のさなか、財務を強化する。

  関係者によると、投資家の需要が目標規模を超えた場合、資金調達はなお拡大する可能性がある。詳細が公表されていないとして匿名を条件に語った関係者によれば、コミットメントは週内に締め切られる。融資期間は2年で、借り手が一定の金額の範囲内で反復して資金にアクセスできる極度貸付の仕組みが含まれるという。

  シティグループが銀行団との協議を取りまとめていると、ブルームバーグ・ニュースが1週間前に報じていた。CNBCは20日に取引の規模について伝えていた。

  ボーイングとシティは今回の取引についてコメントを控えた。

原題:Boeing Closes In on $10 Billion Loan From Citi-Led Group (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE