コンテンツにスキップする

ウクライナ機は2発の短距離ミサイルで撃墜-イラン民間航空連盟

今月8日にイランの首都テヘランで離陸直後に墜落したウクライナ国際航空の旅客機は、2発の短距離地対空ミサイルで撃墜されたと、イラン民間航空連盟が2回目の予備調査報告で明らかにした。

  報告によると、ミサイル「トールM1」がキエフ行きボーイング「737-800」型旅客機に対して北側から発射された。

  • 回収されたフライトデータレコーダーとコックピットボイスレコーダーは「世界最先端の部類に入る機器」であり、イランにはこれらを解析するための設備がない
  • フランスと米国の事故調査当局は、ブラックボックス解析のために必要な機器をイランに送付することを拒否した

原題:
Iran Says Ukrainian Jet Was Downed by Two Short-Range Missiles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE