コンテンツにスキップする

ボーイングはMAXの名前変更を、乗客の懸念軽減へ-リース業界重鎮

ボーイングは737MAXが運航再開となった場合、安全性を巡る旅行者の懸念をそらす一助となるよう同機の名前を変更するべきだと、航空機リース業界のベテラン、スティーブン・アドバーヘイジー氏が指摘した。

  エア・リースの創業者で会長のアドバーヘイジー氏は20日にダブリンで開かれた会議で、MAXブランドは昨年2回の墜落事故を起こしてダメージを受けており、ボーイングがそれを保持する理由はないと説明した。

Air Lease Corp. Chairman Steven Udvar-Hazy At Aviation Club Lunch

スティーブン・アドバーヘイジー氏

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  「われわれはボーイングにMAXという文字を取り除くよう求めた」と同氏は発言。「MAXという言葉は航空機の悪い名前として歴史に残るだろう」と述べた。

 

原題:
Boeing Told to Rename Max to Allay Concerns Once Flights Resume(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE