コンテンツにスキップする

安倍首相、施政方針演説から消えた「デフレ」-2%物価目標は未達成

安倍晋三首相が20日午後に行った施政方針演説から、昨年まで毎回触れていた「デフレ」の文言が消えた。政府と日本銀行が掲げる2%物価目標は未達成のままだ。

  昨年の施政方針演説では、バブル崩壊後失われた20年の最大の敵は「日本中にまん延したデフレマインドだった」と指摘。アベノミクスの成果として、「早期にデフレではない状況」を作ったと語った。2018年の演説でも、足元の経済状況について説明した上で、「デフレ脱却への道筋を確実に進んでいる」と述べていた。

Prime Minister Shinzo Abe Addresses As Japan Diet Opens The New Session

施政方針演説をする安倍首相(20日)

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  12年12月の第2次安倍政権発足以降、首相は臨時国会の所信表明演説で「デフレ」に言及しないことはあったが、年頭の施政方針演説には必ず盛り込んできた。

  政府と日銀は13年1月のデフレ脱却と持続的な経済成長の実現のための政策連携で、2%の物価目標の早期実現を掲げた。黒田東彦総裁の下で同年4月以降、大規模緩和を続けてきたが、目標達成には程遠い状況だ。黒田総裁は先月の金融政策決定会合後の記者会見で、目標を堅持し、「早期実現に向けて引き続き大胆な金融緩和を粘り強く続けていくことに変わりはない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE