コンテンツにスキップする
Subscriber Only
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
cojp

LIBOR代替指標、米20年国債の決定で打撃も-連動債遠のく恐れ

  • ウォール街の多くは、SOFR連動のFRNの発行を期待していた
  • ボラティリティーが高過ぎ代替指標に向かないのではないかと疑問も

今年上期に20年国債を発行する米財務省の決定は、連邦準備制度理事会(FRB)が推奨するロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の代替指標、担保付翌日物調達金利(SOFR)にとって後退を意味する。

  ウォール街関係者の多くは、SOFRに連動する変動利付債(FRN)を米政府が発行すると期待していた。新たな資金調達手段の選択肢を引き続き検討しているとムニューシン財務長官は述べており、その可能性は残るものの、20年国債が妨げになる恐れがある。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の米金利戦略責任者マーク・カバナ氏は、SOFR連動のFRNについて、「LIBORからの切り替えを促す公的部門の広い動きに沿った新たな資金調達手段、より自然に事を進める手段になると私は考えていたが、財務省がそう考えていないのは明らかだ」と指摘した。

  米財務省は昨年7月にSOFRに連動する資金調達手段を加えることを検討。財務省の借入諮問委員会は、そのような動きがLIBORからの移行ペースを速めることに役立つとしていた。

  だが昨年9月にレポ市場で混乱が起きた際、SOFRは1日で282ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、過去最高の5.25%を記録した。これを受け、ボラティリティーが高過ぎるためLIBORの代替指標に向かないのではないかと一部の市場参加者の間で疑問が出ていた。

原題:Libor Successor Dealt a Blow in Treasury’s 20-Year Bond Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE