コンテンツにスキップする

在独米軍兵士に対しヨルダン過激派が攻撃計画か-ニューズウィーク

米陸軍はドイツ駐留米軍兵士に対する差し迫った攻撃が計画されている可能性があるとの情報を受け取った。米誌ニューズウィークが確認した文書を基に19日に報じた

  それによれば、米陸軍第66軍事情報旅団はバイエルン州グラーフェンヴェーアないしノルトライン・ウェストファーレン州デュルメンに駐留する兵士に対し攻撃が行われる可能性があるとの第3者情報を受け取った。攻撃が行われるかもしれない正確な場所や日時は不明。情報は米情報当局高官からのもので、機密扱いはされていない。

  同誌が伝えた文書によると、「場所は不明だが、ドイツ国内の軍基地近くに現在拠点を置く身元不明のヨルダンの過激派が、攻撃を行う見込みだと情報源は明らかにした」という。

  在欧米陸軍はニューズウィークに対し、潜在的脅威は特定され、調査が行われたと認めた。報道官は声明で「ドイツおよび米国の当局者と協議が行われ、差し迫った脅威はないことが分かった」と同誌に説明した。

原題:Report Warned of Threat to U.S. Troops in Germany: Newsweek(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE