コンテンツにスキップする

トヨタ、米インディアナ工場に追加投資-「ハイランダー」生産拡大へ

  • 同州プリンストンの工場に7億ドルを追加投資、150人を新たに雇用
  • 米消費者はセダンからSUVやトラックにシフトしつつある

トヨタ自動車は17日、米インディアナ州プリンストンの組み立て工場に7億ドル(約770億円)を追加投資し、150人を新たに雇用することを発表した。スポーツタイプ多目的車 (SUV)「ハイランダー」の生産拡大が主な目的。

  今回の支出は同工場向けプロジェクトの計13億ドル投資の一部。米国の消費者はセダンの代わりにSUVやトラックの購入にシフトしつつあり、そうした需要に対応した生産を意図している。

関連記事:トヨタ、米インディアナ工場に追加投資へ-トランプ氏の批判に回答(2017年1月配信記事)

  さらにトヨタは、大型SUV「セコイア」の生産を2022年にインディアナ州からテキサス州のトラック工場にシフトすることなども発表した。

relates to トヨタ、米インディアナ工場に追加投資-「ハイランダー」生産拡大へ

インディアナ州プリンストンの工場で組み立てられるハイランダー

原題:Toyota Showers Billions on U.S. Plants After Slow Shift to SUVs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE