コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、堅調な経済指標で-ポンドとユーロは軟調

17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが幅広く買われた。米中が貿易交渉の第1段階合意に署名、世界的に堅調な経済指標が発表され、ドルは週間でも値上がりした。17日の市場ではポンドとユーロが軟調だった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上昇-週間でも0.2%上昇だった
    • ドルは主要10通貨のうち、17日は円を除く全てに対して上昇、週間ではスイス・フランを除く全てに対して値上がり
  • 17日に発表された米経済指標では、12月の住宅着工件数が13年ぶり高水準。鉱工業生産指数の統計では、製造業に安定化の兆しが見られた
  • 中国の工業生産と小売売上高は予想を上回る伸び、国内総生産(GDP)の伸びは政府目標を達成した
    • CIBCの北米外為戦略責任者、ビパン・ライ氏は中国の工業生産統計について、「世界的にサイクルは上に向かっており、下方向ではない」と述べた
  • 一方、ポンドは欧州時間に一時上げたが、その後反転。12月の英小売売上高が予想外に減少したことが嫌気された。短期市場では、イングランド銀行(英中央銀行)による今月の利下げ確率の上昇が織り込まれた
  • ニューヨーク時間午後4時半現在、ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=110円15銭-週間では0.7%高
  • ポンドは対ドルで0.5%安の1ポンド=1.3010ドル-週間では0.4%安
  • ユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.1091ドル-週間では0.3%下落

原題:
Dollar Rises Amid Strong Economic Data; Euro Falls: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE