コンテンツにスキップする

元ミレニアム運用者のヘッジファンド、資産が1年で4倍-10億ドルに

ミレニアム・マネジメントの元資産運用者が立ち上げたヘッジファンドでは、運用資産がこの1年間に4倍余りに増えて10億ドル(約1100億円)に達した。資産の流出に見舞われているファンドが多い業界で、異彩を放っている。

  マイケル・カウリー氏が設立したサンドバー・アセット・マネジメントは、2018年8月に運用を開始。広報担当によれば、1年前の運用資産は約2億3000万ドルだった。その後、リテール投資家向けの新ファンドを昨年10月にスタート。このファンドの運用資産が当初の1億ドルから6億ドル余りに急増し、全体を押し上げた。

  イーベストメントがまとめたデータによると、ヘッジファンド業界では18年初め以降、約1200億ドルの純流出に見舞われている。過去5年間で4000余りのヘッジファンドが清算に追い込まれた。

  ヘッジファンド業界において運用資産の10億ドル到達は大きな節目だ。ユーリカヘッジによれば、欧州において10億ドル超の資産を運用するヘッジファンドは全体の8%程度にとどまる。

  カウリー氏はサンドバー設立の前、ミレニアムで株式ロングショートのポートフォリオを運用していた。

原題:
Ex-Millennium Trader Quadruples Hedge Fund Assets to $1 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE