コンテンツにスキップする

史上2番目のダイヤ、ルイ・ヴィトンのジュエリーに-1758カラット

  • ダイヤ原石はアフリカのボツワナの鉱山で昨年採掘された
  • 研磨後の価値は不明、最高品質の宝石にならないとルカラはみていた

史上2番目に大きいダイヤモンド原石がカット・研磨され、高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のジュエリーコレクションになる。カナダの採掘会社ルカラ・ダイヤモンドが15日、ルイ・ヴィトンとアントワープのダイヤモンド加工業者HBとの合意を発表した。

  このダイヤ原石はルカラがアフリカのボツワナの鉱山で昨年採掘した1758カラットの「セヴェロ」。「希少な発見」を意味し、原石はテニスボールほどの大きさだ。

  ただ、研磨後にどれくらいの価値になるかは明らかでない。ルカラはセヴェロについて、最高品質の宝石を生み出すようなダイヤではないとの見方を以前は示していた。 

relates to 史上2番目のダイヤ、ルイ・ヴィトンのジュエリーに-1758カラット

1758カラットのダイヤ原石「セヴェロ」

出典:Lucara Diamond Corp.

  ルイ・ヴィトンはパリのヴァンドーム広場に旗艦店をオープンし、ヘッドジュエリーデザイナーにフランチェスカ・アンフィテアトロフ氏を起用して以降、高級宝飾品に力を入れている。

  ルカラは2015年に1109カラットの「レセディ・ラ・ロナ」を発見。当時はこれが史上2番目の大きさで、最終的に5300万ドル(現在の為替レートで約58億4000万円)で取引された。

  これまでに発見された最大のダイヤ原石は、1905年に南アフリカ共和国のプレトリア近くで見つかった3106カラットの「カリナン」。この原石からカットされた「アフリカの偉大な星」と「アフリカ第2の星」と呼ばれる2つのダイヤは英王室の王笏 (しゃく)と宝冠を飾っている。

原題:Second-Biggest Diamond Ever Will Become Louis Vuitton Jewelry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE