コンテンツにスキップする

EUは対米報復関税準備、交渉は継続-自動車関税の話出ずと欧州委員

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のホーガン委員(通商担当)は16日、ボーイングへの米補助金を巡り対米報復関税を発動する予定だと繰り返す一方、航空機の補助金問題で米国と交渉で合意する方を望むと語った。

  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やロス商務長官との会談を終えたホーガン委員は、帰国を前に記者団に対し、USTR代表との協議は「非常に有益」だったと発言。米側の「協調の精神」にも言及した。

  ホーガン氏によれば、欧州の自動車への追加関税については取り上げられず、フランスが導入を決めたIT大手を対象とするデジタルサービス課税を巡る話し合いは続いているという。

原題:EU Trade Chief Calls Trump ‘Obsessed,’ Questions U.S.-China Deal

*HOGAN REPEATS EU PLAN TO RETALIATE WITH TARIFFS OVER BOEING AID

*HOGAN SAYS EU PREFERS NEGOTIATED DEAL WITH U.S. ON AIRCRAFT AID

*HOGAN SAYS HE HAD ‘VERY GOOD’ TALKS WITH ROBERT LIGHTHIZER

*HOGAN: ANY U.S. TARIFFS ON CARS DIDN’T COME UP IN HIS TALKS

*HOGAN SAYS U.S., EU STILL TALKING ABOUT DIGITAL-SERVICES TAX(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE