コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg
cojp

日本の米国債保有残高、昨年11月も外国勢首位-中国と差は拡大

  • 中国の保有残高は124億ドル減の1兆900億ドル、17年3月以来最小
  • 外国勢の米国債保有総額は約406億ドル減少し、6兆7400億ドル
Mount Fuji stands beyond buildings as a visitor looks out at the skyline from an observation deck in Tokyo, Japan, on Friday, Jan. 11, 2019. Japan’s key inflation gauge slowed in the first back-to-back decline since April, highlighting the difficulty of the Bank of Japan’s price goal ahead of its policy meeting next week.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

米財務省の最新データによると、日本は昨年11月の米国債保有残高で外国勢首位を維持し、5カ月前に抜いた2位中国との差を拡大した。

  16日公表された同データによると、日本の保有残高は1兆1600億ドル(約127兆8000億円)と、前月から72億ドル減少。中国の保有残高は124億ドル減の1兆900億ドルで、2017年3月以来最小。それでも両国はいずれも、外国勢上位5位以内の残り3カ国(英国、ブラジル、アイルランド)の合計よりも保有額は多い。

  外国勢の米国債保有総額は約406億ドル減少し、6兆7400億ドル。

原題:Japan Widens Lead Over China as Top Foreign Holder of Treasuries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE