コンテンツにスキップする

アシックス株が急伸、世界陸上競技で競合ナイキ厚底の禁止報道

更新日時
  • ナイキの厚底シューズのトップレベル競技で使用禁止へ-英紙
  • アシックス株はシェア低下懸念やわらぐ、ナイキに宣伝効果との声も

16日の東京株式市場で、スポーツ用品メーカーのアシックスが急伸した。箱根駅伝での競合シューズメーカーの躍進が伝えられて年初から株価が急落したが、その下げの大部分を取り戻しつつある。

  英紙デーリー・テレグラフは、世界陸連が専門家を集めたパネルで議論し、ナイキの厚底シューズのトップレベル競技での使用を禁止する新しい規制を導入するなどと報じた。半面、ガーディアン紙は規制が決まったわけではなく、まだ問題は検討中とも伝えている。

Collage Relay Marathon Race / NIKE

1月3日の箱根駅伝ではナイキ製の着用が目立った

  16日のアシックス株は一時7.9%高の1792円に上がった。日中上昇率は2019年8月5日以来の大きさ。正月の箱根駅伝を受けて株価が急落する前の昨年末終値1816円に近づいた。

  岩井コスモ証券の中永雅美アナリストはアシックスについて、「規制されなければナイキに競技用でシェアを奪われるのではないかとの懸念が市場にあった」と指摘。報道が正しければ、競技用の売り上げ低下などの懸念が和らぐとの見方を示した。

  一方、アシンメトリック・アドバイザーのアナリスト、ティム・モース氏は、ナイキの靴が禁止される場合、それはナイキのシューズにとって良い宣伝効果につながるかもしれないと話していた。

  アシックス株の午前終値は4.7%高。同じスポーツ用品メーカーの美津濃は0.4%高だったが、取引開始時は1.6%高の2729円だった。

アシックス株の推移
(最終段落に株価情報を追記します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE