コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが下落-米中は貿易交渉の第1段階合意に署名

更新日時

15日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが幅広く下落。米中両国がこの日署名した貿易交渉の第1段階合意には、通貨切り下げを控える条項が含まれた。

  • ブルームバーグ・ドル指数は前日比0.1%低下
  • ドルは主要10通貨の大半に対して値下がり
    • 上げが目立ったのはスイス・フランとユーロ、一方でニュージーランド・ドルは低調
    • カナダ・ドルとオーストラリア・ドルは上げに転じ、オフショア人民元はほぼ変わらず
  • 中国の劉副首相は、第1段階の合意を「厳格に履行する」と述べたが、市場では懐疑的に見る向きもあった
    • バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)の外為・マクロストラテジスト、ジョン・ベリス氏は、対立部分の解決という点で見ると、合意内容は「為替レートに関して非常にあやふやなようだ」だとし、「執行に関して詳細が欠けていれば、ボラティリティーの原因にもなり得る」と指摘
    • CIBCの北米外為戦略責任者ビパン・ライ氏は、中国が向こう2年間に農産物320億ドル相当を含む計2000億ドル相当の米国製品を追加購入するとの合意は「コミットメントというより目標といった感じだ」と述べた
  • スイス・フランは対ドルで5営業日続伸
  • ユーロは上げを縮小-米紙ワシントン・ポストは、トランプ米大統領が欧州に対し、イランの核合意履行停止を非難しなければ、欧州の自動車に関税を賦課すると警告していたと報じた
  • ニューヨーク時間午後4時45分現在、ドルは円に対して0.1%安の1ドル=109円90銭-14日には一時110円21銭と、5月以来の高値を付けていた
  • ユーロは0.2%高の1ユーロ=1.1148ドル-一時は1.1163ドルを付けた

原題:
Dollar Slips Broadly Amid U.S.-China Deal Signing: Inside G-10(抜粋)

(コメントを加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE