コンテンツにスキップする

テスラ、上海工場でのコバルト長期調達でグレンコアと交渉中-関係者

資源大手、スイスのグレンコアは電気自動車メーカーの米テスラとの間で、テスラが上海に新設した工場にコバルトを出荷する長期契約を交渉している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。グレンコアはコバルト生産で世界最大手。

  合意がまとまれば、テスラは世界最大の自動車市場である中国に攻勢をかけながら、バッテリーの主要材料であるコバルトの供給不足を回避できる。コバルト事業で厳しい状況に見舞われたグレンコアにとっても、大きなプラスとなる。

Tesla Hands Over First China-Built Cars to Employees in Shanghai

上海の組み立てラインから出荷されるテスラの「モデル3」

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  今月上海で開かれた初出荷記念式典の前に、両社の幹部が取引の条件を提示したと、関係者の1人が匿名で話した。関係者らは、今回の供給契約の規模や額に関する詳細については話さなかった。

  グレンコアの広報担当者はコメントを控えた。テスラの担当者にもコメントを求めたが、返答はまだ得られていない。

The battery material's price has collapsed since its spike in early 2018

原題:
Tesla in Talks to Buy Glencore Cobalt for Shanghai Car Factory(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE