コンテンツにスキップする

米中貿易交渉の第2段階、すぐには始まらない可能性-環球時報

米国と中国は15日に第1段階の貿易合意に署名する予定だが、すぐには第2段階の交渉に結びつかないかもしれない。中国共産党機関紙・人民日報系の新聞、環球時報が同国商務省に近い関係者の話として報じた。

  米中の交渉に通じたこの関係者が同紙に15日語ったところによると、米国の中国に対する投資制限、通商協議、関税を使った脅しは長期的な「ニューノーマル(新たな常識)」になるだろうという。

  中国は米国がすでに課している対中関税の全ての撤廃を再三にわたり求めているが、短期的には実現しないだろうと、この関係者は発言。双方とも次の段階の交渉へと進む前に第1段階の合意履行に集中することを支持している上、将来の交渉は世界貿易機関(WTO)改革とも密接に関係しているためいっそう難しくなるだろうと関係者は述べたという。

関連記事:トランプ米大統領、中国と「素晴らしいモンスター」合意に署名へ

原題:
China, U.S. Phase Two Talks May Not Start Soon: Global Times(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE