コンテンツにスキップする

米ファイザー、3-4年以内のIPOを検討-英グラクソとの合弁

  • 両社は2018年12月にコンシューマーヘルスケア部門統合での合意発表
  • ファイザーにとって明確な出口戦略になるとブーラCEO

米製薬会社ファイザーは英グラクソ・スミスクラインと合弁で設立したコンシューマーヘルスケア会社について、3-4年以内の新規株式公開(IPO)を計画している。

  ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)が14日、サンフランシスコで開催中のJPモルガン・ヘルスケア会議で明らかにした。

  両社は2018年12月、鎮痛剤「アドビル」といった市販薬で世界最大のサプライヤーになることを目指しコンシューマーヘルスケア部門統合で合意したと発表。合意条件に基づきファイザーは統合新会社の株式32%を取得した。統合発表時の売上高は合わせて127億ドル(現在の為替レートで1兆4000億円)だった。

  ブーラCEOはIPO計画について、ファイザーにとって明確な出口戦略になると説明した。

原題:
Pfizer Eyes IPO of Joint Venture With GSK in Three to Four Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE