コンテンツにスキップする

ゲームストップ株が急落、見通し下方修正で「継続価値ゼロ」の声も

ビデオゲーム小売りチェーン、米ゲームストップの株価が14日の米株式市場で急落。一時は前日比17%下げて4.53ドルと、昨年9月以来の安値となった。同社は前日の取引終了後、年末商戦の既存店売上高が大幅に落ち込んだことを明らかにし、通期見通しを下方修正していた。一部アナリストの見方は以下の通り。

  

GameStop fell after cutting its outlook
  • ベンチマークのマイク・ヒッキー氏
    • 財務面悪化の「勢いが加速しており、経営陣は説明責任を放棄したと見える。継続価値はゼロだと当社は考える」
    • ゲームのデジタル配信が「プレーヤーの購買行動を一段と支配する」中で、ゲームストップの「軟調は向こう数四半期続く」と予想
    • 投資判断「売り」、目標株価3ドル
  • ベアードのコリン・セバスチャン氏
    • 最新のニュースは「困難が続く」ことを示す
    • 流動性に「今のところ問題ないようだ」
    • 投資判断「中立」、目標株価5ドル
  • ループ・キャピタル・マーケッツのアンソニー・チュカンバ氏
    • 年末商戦の売り上げは「当社予想を大きく下回り」、19年度業績は「前回のビデオゲーム機サイクルの最終年よりずっと悪い水準で推移している」
    • バランスシートは「かなり健全」
    • 投資判断「ホールド」、目標株価4ドル

原題:
GameStop Analyst Sees ‘Zero Terminal Value’ After Outlook (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE