コンテンツにスキップする

デルタ航空株が上昇、国内需要堅調で10-12月は予想上回る好決算

  • ビジネスクラスなど割増金が付いた運賃収入が9%増
  • 「今年の勇気づけられるスタート」を示すとJPモルガン・チェース

デルタ航空の昨年10-12月(第4四半期)決算は、堅調な米国内需要を背景に予想以上に力強い内容となった。これを受け、14日の米株式市場では同社をはじめとする航空会社の株価が上昇した。

  同日の発表資料によると、利益率の高いビジネスクラスなど割増金が付いた運賃の収入が9%増と、エコノミークラスの伸び率を2倍余り上回った。調整後1株利益は1.70ドルで、ブルームバーグが集計したアナリスト予想の上限(1.52ドル)を大きく上回った。

  デルタは米主要航空会社の先陣を切って10-12月期決算を発表。1-3月(第1四半期)の利益見通しを示していないが、JPモルガン・チェースのアナリスト、ジェイミー・ベーカー氏は決算内容から1株利益が1.06ドル前後になる可能性が示唆されていると指摘。これはウォール街の予想(0.99ドル)を上回る。

  ベーカー氏は「われわれはデルタの見通しを今年の勇気づけられるスタートを示すものと捉えており、最も悪い結果を予想する人々の悲観論を後退させる可能性がある」と投資家向けリポートで指摘した。

  デルタ航空の株価は一時4.6%上昇。終値は3.3%高だった。

  同社は昨年3月から運航停止となっているボーイング737MAXを使用していない。

Trade tension, 737 Max uncertainty have weighed on airline shares

原題:
Delta Sparks Airline Rally After Travel Boom Bolsters Results(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE