コンテンツにスキップする

シティ、債券トレーディング収入49%増-コスト管理の継続表明

米銀シティグループの2019年10-12月(第4四半期)決算では、債券トレーディング収入が49%増加し、アナリスト予想の2倍を超える伸びとなった。同収入は前年同期に大きく落ち込んでいた。シティはトレーダーを削減するなど、コスト低減の取り組みを強化している。

  10-12月期は債券引き受けやコンシューマーバンキングでも力強い業績を残した。こうしたことを追い風に、シティ全体の10-12月期純収入は同四半期として2015年以来の高水準となった。

  マイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は14日の発表資料で、「当行は競争上、強力な位置につけて2020年に突入した」とコメント。「収入増加と規律ある経費管理」をその要因に挙げ、引き続きコスト管理に注力する考えを示した。

  予想以上のトレーディング収入増加に助けられ、2019年の有形自己資本利益率(ROTCE)12%という目標は上回ることができた。

  債券・コモディティー・通貨のトレーディング収入は10-12月に29億ドル(約3190億円)。アナリスト予想は23億7000万ドルだった。株式部門は予想外に不振だったが、同部門の規模はずっと小さい。

  コンシューマーバンキング部門の収入は5%増の84億6000万ドルと、業績好転の可能性が示唆された。

  10-12月期全体の純利益は15%増の50億ドル。1株当たり2.15ドル。税制優遇の一時的な利益を除くと1株1.90ドルで、ブルームバーグが継続調査しているアナリスト21人の予想平均(1.84ドル)を上回った。

  経費は6%増の104億5000万ドルと、市場予想の102億2000万ドルより多かった。報酬や業務運営上の投資費用が増えた。

原題:
Citi Fixed-Income Trading Surges 49%, Vows Cost Discipline (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE