コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】為替操作国解除、貿易減少、対中審査、ゴールドマン

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 米政府、中国の為替操作国認定を解除-貿易合意署名に先立ち
  • 中国による合意履行の信頼性が問題に-米中「第1段階」貿易合意で
  • 中国の19年ドル建て輸出は微増、輸入が前年割れ-対米貿易減少
  • 中国の豚肉輸入、19年は過去最高-大豆輸入ほぼ横ばい
  • 対米投資の審査厳格化、米政府がようやく最終規則公表-来月施行
  • 約2000億ドルの米中貿易合意、サービスとエネルギー含む-ポリティコ
  • 中国、2Qに預金準備率引き下げと利下げ実施の可能性-中国証券報
  • 中国が日本抜き初の1位、19年の直接投資-タイ投資委員会
  • 米国が民生用ドローン計画を恒久停止へ、中国のスパイ利用懸念-FT
  • 中国と米国、貿易協議で次の段階に進む決意-米商工会議所
  • 中国の青海省投資、ドル建て債利払い履行せず-関係者
  • 中国:電気自動車購入の補助金、今年は大幅な削減しない意向-CNR
  • 中国:ディーラー向け自動車販売、昨年は前年比8.2%減-CAAM
  • 中国の肺炎発症者は41人-SARSウイルスとの類似性指摘も
  • ゴールドマン、中国で人員倍増計画-今後5年で600人に
  • 台湾総統選、現職の蔡氏が圧勝-過去最多の得票、中国に打撃
  • ムニューシン米財務長官、年2回の米中対話再開を提案-関係者
  • 中国の吉利、英高級車アストンマーティンと出資交渉-FT
  • アップルの目標株価引き上げ、中国iPhone販売データ受け-クレディS
  • ソフトバンクG出資のオヨ、中国とインドで数千人を削減-関係者
  • テンセント出資の小紅書、6500億円超の評価で資金調達探る-関係者
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE