コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、物言う投資家が勝利-アックマン氏やホーン氏

ヘッジファンド業界では昨年、ビル・アックマン氏やクリストファー・ホーン氏ら物言う投資家のファンドの多くが高いリターンを上げた。標的とした企業への集中投資が奏功した。

  アックマン氏のパーシング・スクエア・ホールディングスの上場ヘッジファンドはプラス58%と過去最高のパフォーマンスを記録。ホーン氏のザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)はプラス41%で2013年以来の好成績となった。アレックス・デナー、 クリフトン・ロビンス、ジョナサン・リット氏のファンドもそれぞれ30%以上のリターンだったと、事情に詳しい関係者は明らかにした。


  アクティビストらは出資先企業に変革を迫るが、昨年の標的件数は15年以来の水準に減少。投資先を比較的大規模な企業に絞ったことで、相場上昇の恩恵を受けた。ヘッジファンド・リサーチによると、こうしたファンドの19年の成績は平均してプラス18%前後と、12年以来の高水準。マイナス10%だった18年から好転した。

  法律事務所シドリー・オースティンのパートナーで株主アクティビズム担当会長のカイ・リーケフェット氏は、「物言う株主がますます大企業を標的とするようになるのは間違いない。中小規模の標的の大半は過去10年で選び抜かれた」と述べた。

  アックマン氏のファンドはチポトレ・メキシカン・グリルヒルトン・ワールドワイド・ホールディングススターバックスロウズなどに投資。TCIはチャーター・コミュニケーションズムーディーズなどに投資した。

  各社の担当者はコメントを控えた。

原題:
Hedge Funds From Pershing to Blue Harbour Win on Activism (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE