コンテンツにスキップする

南北協力のため国連制裁の免除措置求める用意-韓国大統領

  • 韓国の文在寅大統領が年頭の記者会見で発言
  • 元徴用工問題で日本側も解決策を提示すべきだ
韓国の文在寅大統領

韓国の文在寅大統領

Photographer: KIM HONG-JI/Getty Images
韓国の文在寅大統領
Photographer: KIM HONG-JI/Getty Images

韓国の文在寅大統領は14日の年頭記者会見で、北朝鮮とプロジェクトを進める上で国連制裁の免除措置が必要であるならば、それを求める用意があると表明した。

  文大統領は北朝鮮に対する国際的な制裁が南北協力に制限を加えていると認めた上で、個別の観光プロジェクトや境界地域での制限の範囲内での協力を探ることは可能だと説明した。

  文大統領は今年開催される東京五輪に出席するのかとの問いに対し、「高位級の政府当局者を派遣する」と回答。さまざまな問題を除けば日本との関係はなお「健全で良好だ」と述べた。

  元徴用工の問題を巡っては、日本も韓国のように解決に向けた選択肢を提示すべきだと語った。

原題:
S. Korea’s Moon Willing to Seek UN Sanctions Exemptions Approval(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE