コンテンツにスキップする

ゲームストップ株、時間外で下落ー年末商戦不振、通期見通し下方修正

  • 2020年1月期は赤字の可能性-従来1株10-20セントの黒字見込む
  • 明るい材料は任天堂の家庭用ゲーム機スイッチ-伸び続く

ビデオゲーム小売りチェーン、米ゲームストップの株価が13日の米通常取引後の時間外で急落した。年末商戦期の既存店売上高が25%落ち込んだことを明らかにし、通期見通しを下方修正した。

  2020年1月期の売上高は最大21%減少する公算が大きい。同社が昨年12月に示した減収率予想は10%台後半だった。経営陣は今期が赤字になる可能性も示した。従来は1株当たり10-20セントの黒字を見込んでいた。株価は一時11%安の4.81ドルとなった。

  

Weak Christmas sales hammered GameStop's shares

  見通し修正についてジョージ・シャーマン最高経営責任者(CEO)は年末商戦の売り上げが予想を下回ったことに伴うものだと説明。ただ明るい材料は任天堂の家庭用ゲーム機スイッチで、伸びが続いている。

原題:
GameStop Shares Slide on Dismal Holiday Season, Weak Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE