コンテンツにスキップする

トヨタ、約69万6000台を米国でセーフティーリコール-レクサスなど

A deployed airbag is seen in a Chrysler vehicle at a salvage yard on May 22, 2015 in Medley, Florida.
A deployed airbag is seen in a Chrysler vehicle at a salvage yard on May 22, 2015 in Medley, Florida. Photographer: Joe Raedle/Getty Images
A deployed airbag is seen in a Chrysler vehicle at a salvage yard on May 22, 2015 in Medley, Florida.
Photographer: Joe Raedle/Getty Images

トヨタ自動車は、米国で「レクサス」および「トヨタ」ブランドの一部車種約69万6000台を対象にセーフティーリコール(無料の回収・修理)を実施すると発表した。燃料ポンプが作動しなくなる恐れがあるという。リコールの対象は次の通り。

  • 2018-19年型のレクサスLS 500、LC 500、RC 350、RC 300、GS 350、IS 300、ES 350、LX 570、GX 460、RX 350の一部
  • 19年型のレクサス NX 300、RX 350L、GS 300の一部。18-19年型トヨタ4ランナー、カムリ、ハイランダー、ランドクルーザー、セコイア、シエナ、タコマ、タンドラの一部。19年型トヨタアバロンとカローラの一部

原題:Toyota to Recall 696,000 Vehicles for Faulty Fuel Pumps in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE