コンテンツにスキップする

アップル目標株価、デビッドソンがウォール街最高の375ドルに上げ

  • 従来の目標株価300ドル-5Gのポテンシャルなどを理由に挙げる
  • アップルの株価は取引時間中の最高値を更新

DAデビッドソンはアップルの目標株価をウォール街のアナリストで最も高い375ドルに引き上げた。従来の目標株価は300ドル。アップルの先行きに対する楽観を反映している。

  アナリストのトム・フォルテ氏は、第5世代(5G)移動通信システムのポテンシャルを目標株価引き上げの理由の一つとして挙げ、 アップルが少なくとも次の2回の新製品投入でこの機会を利用できるだろうとリポートで指摘した。

  13日の米株式市場でアップル株は4営業日続伸。一時2.2%上昇し、取引時間中の最高値である317.07ドルを付けた。このところの株価上昇は中国での力強い「iPhone(アイフォーン)」出荷が伝えられたことが背景にある。

  フォルテ氏はアップルの投資判断を「買い」に据え置き、さらなる上昇余地がありそうだと分析した。

At least nine firms have raised their targets in 2020

  今年に入りデビッドソン以外に少なくとも8社が同様の動きを見せている。ブルームバーグがまとめたデータによると、現在の目標株価の平均は約284ドルと2019年末の268ドルから引き上げられた。

  アップルは昨年10-12月(第1四半期)決算を1月28日に発表する。

原題:
Apple Raised to Street-High Target of $375 as Optimism Grows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE