コンテンツにスキップする

JPモルガン、トレーダーを休職処分-「ワッツアップ」使用巡り-関係者

  • エドワード・クー氏を休職扱い、チャットアプリ使用巡る調査の間
  • 他のチャットメンバーに対しても措置を講じる可能性-関係者
Images of WhatsApp As Facebook Inc. Makes Acquisition For $19 Billion
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Images of WhatsApp As Facebook Inc. Makes Acquisition For $19 Billion
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米銀JPモルガン・チェースの最上級レベルのクレジットトレーダーが、チャットアプリ「ワッツアップ」の使用を巡り休職処分となった。同アプリを巡ってウォール街で懸念が広がる中、そのあおりを受ける業界ベテランが新たに増えた格好となった。

  停職処分となったのはJPモルガンに20年近く勤務するエドワード・クー氏で、同行はワッツアップのグループチャットを同氏が同僚らと使用したことで会社の方針に違反したかどうか調査している。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

  この調査に詳しい関係者1人によると、市場動向に関するチャット上でのやり取りなどが議論の対象となっており、これまでの調査では不適切な行為があったことは示唆されていない。同行はこのチャットグループの他のメンバーに対しても措置を講じることを排除していないという。

  JPモルガンの担当者はコメントを控えた。クー氏にもコメントを求めたが、返答は得られなかった。

  今回の調査はさらなる措置が講じられることなく終了する可能性もあると、関係者らは話した。ただし調査が進められる間、クー氏ほどの地位にある人物をトレーディングフロアーから締め出すというJPモルガンの決定は、新たなコミュニケーションプラットフォームの大量出現に銀行各行が真剣に対応していることを示唆している。

原題:
JPMorgan Puts Senior Credit Trader on Leave Over WhatsApp Use(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE