コンテンツにスキップする

ポンド下落、英中銀ブリハ委員も今月の利下げ支持示唆-GDPさえず

  • イングランド銀行は1月末に政策会合、市場は利下げ確率50%見込む
  • ポンドはG10通貨のうち下落率最大、5日続落へ-GDP予想下回る

13日の金融市場では、ポンドが下落し、英国債が上昇している。イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)メンバーがまた1人、今月の利下げ支持を示唆。英国経済が11月に予想外に縮小したことも明らかになった。

  ポンドはG10通貨のうち最も下落率が大きく、ドルに対して一時0.8%安の1ポンド=1.2966ドルを付けた。このままいけば5日続落となる。MPCのブリハ委員は、昨年12月の総選挙以降も景気に改善の兆しが見られない場合、利下げに支持票を投じると述べた。これを受けて、短期金融市場が織り込む今月の利下げ確率は50%と、先週末の25%から跳ね上がった。

  

Heating Up

Odds of Jan. 30 rate cut ramp up to near 45% based on swap markets

Bloomberg

  10日には同じくMPCのテンレイロ委員が、景気が加速しないなら利下げを支持する可能性があると発言。その前日にはカーニー総裁が、短期的な金融緩和の相対的な利点を巡りMPC内で議論があると認めていた。

  英国の11月の国内総生産(GDP)は前月比で0.3%減少し、変わらずとの市場予想を下回った。10-12月(第4四半期)のマイナス成長を回避するには、12月に0.2%前後のプラス成長を記録する必要がある。

U.K. economy contracted ahead of general election

原題:Pound Falls After Vlieghe Joins BOE Chorus on Potential Rate Cut(抜粋)

U.K. Economy Unexpectedly Shrinks Amid BOE Rate-Cut Debate (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE