コンテンツにスキップする

中国、原因不明の肺炎で初の死者を報告-患者1人が死亡

  • 患者41人のうち7人が重症ー武漢市の衛生健康委員会
  • 新たな患者は3日以降、報告されていないと当局
Public Health Officials run thermal scans on passengers arriving from Wuhan, China at Suvarnabumi Airport in Bangkok on Jan. 8.

Public Health Officials run thermal scans on passengers arriving from Wuhan, China at Suvarnabumi Airport in Bangkok on Jan. 8.

 Photographer: Lauren DeCicca/Getty Images

Public Health Officials run thermal scans on passengers arriving from Wuhan, China at Suvarnabumi Airport in Bangkok on Jan. 8.

 Photographer: Lauren DeCicca/Getty Images

中国湖北省武漢市で広がる原因不明の肺炎で患者1人が死亡した。新たなコロナウイルスとの関連性が指摘される初の死者となる。

  武漢市の衛生健康委員会は11日の声明で、このウイルスに感染していると診断された41人のうち、7人が重症、2人が退院、ほかの患者は症状が安定していると説明した。

  当局によると、新たな患者は3日以降、報告されておらず、人から人に感染する兆候もない。

原題:
China Reports First Death From Mysterious Pneumonia Outbreak(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE