コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、雇用統計に反応―円は週間で大きく値下がり

10日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが4日ぶりに下落。昨年12月の米雇用統計で雇用者数の伸びが鈍化したことに反応した。主要通貨では資源国通貨の上げが目立った。一方で円はドルに対しほぼ変わらず。ただ週間ベースでは大きく値下がりした。米国とイランの対立緩和が材料視された。

  • ニューヨーク時間午後4時25分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。午後早い時間にはこの日の安値を付けた
    • 週間では0.3%上昇-ドルは週間では主要10通貨の大半に対して値上がり、特に円に対して最も大きく上げた
  • 10日の取引ではオーストラリア・ドルの上げが目立った。小売売上高が予想を上回る伸びとなったことが手掛かり
  • 12月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数は14万5000人増-11月は25万6000人増に下方修正された
    • 平均時給は前年同月比2.9%増-伸びが3%に届かなかったのは2018年7月以来
  • ドルは対円でこの日ほぼ変わらずの109円49銭-週間では1.3%高
  • 豪ドルは8営業日ぶりに上昇。0.7%高の1豪ドル=0.6903米ドルと、この日の高値0.6911米ドル付近
    • 11月の豪小売売上高が豪ドルの押し上げに寄与
    • オーストラリアでは長引く山火事の影響で中央銀行が利下げに踏み切るとの見方が強まっている
  • ユーロは0.1%高の1ユーロ=1.1120ドル。欧州時間には一時1.1085ドルまで下げる場面があった

原題:
USD Slips; Yen Set for Worst Week Since July 2018: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE