コンテンツにスキップする

ブレバン・ハワード、アジアのマクロヘッジファンドを閉鎖

  • 運用者のエルンスト氏が長期休暇、ブレバンとの関係は維持
  • エルンスト氏のアジアファンド、通年で成績がマイナスの年なかった

ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントはアジアのマクロヘッジファンドを清算した。同ファンド運用者のカスパー・エルンスト氏が長期休暇に入るため閉鎖することになった。

  エルンスト氏が15年間運用してきたファンドは、昨年11月末時点の運用資産が4億6800万ドル(約510億円)。だが昨年末に閉鎖され、ブレバン・ハワードは今月、投資家に資金を返還しつつあると、事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べた。

  ブレバン・ハワードの広報担当者はコメントを控えた。

  エルンスト氏はリスク監視委員会のメンバーとしてブレバン・ハワードとの関係を維持し、時期が来れば運用に復帰する予定だという。

  エルンスト氏は香港を拠点に、ピーク時には約30億ドルを運用していた。2004年の運用開始以降、通年の成績がマイナスの年はなく、年平均7%弱のリターンを上げてきたと関係者が述べた。

原題:Brevan Howard Shutters Asia Hedge Fund Run by Kaspar Ernst(抜粋)
Brevan Howard Shutters Hedge Fund With Manager on Sabbatical (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE