コンテンツにスキップする

フランス中銀総裁、対称的なインフレ目標の採用主張-政策レビューで

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、フランス銀行(中銀)のビルロワドガロー総裁は金融政策レビューの正式開始に先立ち、ECBが上下双方向に対称的な物価安定の目安(インフレ目標)を採用する必要があるとあらためて主張した。

  ビルロワドガロー総裁は9日にパリで行った講演で、「われわれのインフレ目標は対称的であるべきだ。中心の目標が上限と見なされれば、達成の見込みが減る」と発言した。

  同総裁はその上で、「それは柔軟でなければならず、どの程度まで、どの期間の範囲か言う必要がある。その間ずっと、あるいはすぐに2%を約束することはできない」と語った。

  ECBのラガルド総裁は金融政策レビューについて、政策担当者が物価安定をどのように実現すべきか明確にすることを目指すとしている。

原題:Villeroy Calls for ECB Symmetrical Inflation Target in Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE