コンテンツにスキップする

アップル株がまたも最高値更新、2019年終盤の力強い業績への期待感で

  • ジェフリーズはアップルの目標株価を350ドルに引き上げ
  • iPhone11の業績は懸念されていたより良好とマクニーリー氏
The Apple logo on a store in San Francisco.
The Apple logo on a store in San Francisco. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
The Apple logo on a store in San Francisco.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

9日の米株式市場でアップル株が前日比2.1%高の309.63ドルで取引を終え、終値ベースで過去最高値を更新した。

  ジェフリーズのアナリスト、カイル・マクニーリー氏は顧客向けリポートで、米国のアップルストアへの客足や世界のウェブトラフィックの分析で「アップルが2019年暦年を力強く締めくくる方向が示された」と指摘。同社の目標株価を285ドルから350ドルに引き上げた。これはウォール街で最も高い予想に匹敵する。

  また次世代通信規格5Gは「当方の見方の最も有力な根拠」だとし、「iPhone(アイフォーン)11」の業績は「懸念されていたより良好」で、「5Gへの良い橋渡し」になるとした。投資判断は「買い」に据え置いた。

  一方、ウェドブッシュは中国情報通信研究院から得られたアイフォーンの販売データについて、予想より力強い伸びを示したとし、「われわれの強気の見方をさらに裏付けるものだ」と説明。投資判断「アウトパフォーム」、目標株価350ドルを共に確認した。

  アップルは19年10-12月(第1四半期)決算を1月28日に発表する。

Shares are up almost 60% from an August low

原題:
Apple Hits Another Record on Optimism For Strong End to 2019 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE