コンテンツにスキップする

ウクライナ、原因はミサイル被弾かテロ行為-イランでの旅客機墜落

更新日時
  • 「保安庁は墜落原因について2つの有力なシナリオを検討」-声明
  • ウクライナ機はテヘランの空港を離陸した直後に墜落―176人が死亡
A woman weeps during a service at Western University in London, Ontario on January 8, 2020 for the four graduate students who were killed in a plane crash in Iran. 

A woman weeps during a service at Western University in London, Ontario on January 8, 2020 for the four graduate students who were killed in a plane crash in Iran. 

Photographer: GEOFF ROBINS/AFP
A woman weeps during a service at Western University in London, Ontario on January 8, 2020 for the four graduate students who were killed in a plane crash in Iran. 
Photographer: GEOFF ROBINS/AFP

8日にキエフ行きウクライナ国際航空752便がイランで墜落した原因について、ウクライナ政府はミサイルまたはテロ行為のいずれかだと判断を示している。

  ウクライナ保安庁はウェブサイトに10日掲載した声明文で、旅客機墜落に関する特別作業部会を招集したと説明。「保安庁は墜落原因について2つの有力なシナリオを検討している。1つ目はミサイル被弾、2つ目はテロ攻撃だ」と指摘した。

  ボーイングの旅客機「737ー800」型機はテヘランの空港を離陸した直後に墜落し、乗客乗員176人全員が死亡した。保安庁は「客観的かつ検証された情報」に基づき、最終結論を引き出す前に証拠を慎重に分析すると表明した。

Ukrainian plane crash in Iran

墜落したボーイング「737-800」型機の一部(8日、イランのテヘラン近郊で)

写真家:Aref Fathi / Getty Images

原題:
Ukraine Says Missile or Terrorist Responsible for Iran Jet Crash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE