コンテンツにスキップする

イラン司令官殺害、在イラク米大使館爆破を画策したため-トランプ氏

トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Evan Vucci/AP Photo
トランプ大統領
Photographer: Evan Vucci/AP Photo

トランプ米大統領は9日、イラン革命防衛隊の司令官殺害を命じたのは、バグダッドにある米大使館の破壊をイラン側がもくろんでいたからだと述べた。

  大統領はホワイトハウスで記者団に対し、「米国は完全なるモンスターを捕らえた」と述べ、イラン側が「米国大使館の爆破を狙っていた」ために「米国は行動した」と発言した。

  バグダッドの米大使館に対して群衆の襲撃があった後の今月2日、トランプ大統領はイラン革命防衛隊精鋭部隊のソレイマニ司令官殺害を指示した。米国はこの襲撃の背後にイランがいたと主張している。襲撃で負傷した米国人はいなかった。

  ソレイマニ司令官の殺害を指示した理由についてトランプ大統領は主張を変えてきており、米大使館の破壊をイラン側が画策していたとの発言は今回が初めて。

  

原題:Trump Says Iranians Sought to ‘Blow Up’ U.S. Embassy in Baghdad(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE