コンテンツにスキップする

ボーイング株が上昇、ミサイル被弾で旅客機墜落との観測で

更新日時
  • 墜落機は離陸直後に引き返そうとしていた-イランの事故調査報告書
  • イランは各国に調査協力要請、米機関は関与が可能かどうか検討中
Pieces of missiles are seen in a rural area of Al-Baghdadi town after Iran's Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) targeted Ain al-Asad airbase in Erbil, Iraq on Jan. 8, 2020.
Pieces of missiles are seen in a rural area of Al-Baghdadi town after Iran's Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) targeted Ain al-Asad airbase in Erbil, Iraq on Jan. 8, 2020. Photographer: Al-Baghdadi township/Anadolu Agency via Getty Images
Pieces of missiles are seen in a rural area of Al-Baghdadi town after Iran's Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC) targeted Ain al-Asad airbase in Erbil, Iraq on Jan. 8, 2020.
Photographer: Al-Baghdadi township/Anadolu Agency via Getty Images

8日にイランで墜落したボーイングの旅客機「737ー800」型機は、テヘランのイマム・ホメイニ国際空港を離陸した後すぐに引き返そうとしていた。イラン航空当局が9日、最初の事故調査報告書を発表した。ウクライナ当局は同日、ミサイル被弾やテロの可能性を排除しないと言明した。

  イラン当局の報告によると、キエフ行きウクライナ国際航空752便は高度8000フィート(2440メートル)付近でレーダーから消えたが、墜落前に空中での火災が目撃されている。フライトデータとコックピットボイスレコーダーは損傷しているものの、コアメモリーへのアクセスは可能なもようだという。

Boeing Co. 737 Bound for Ukraine Crashes In Iran

墜落したボーイング「737-800」型機の一部(8日、イランのテヘラン近郊で)

  イランと米国の緊張が高まるさなかで発生した墜落事故については、調査の難航が見込まれる。ウクライナ当局のこの日の発表はさらに混迷を深めた。同国当局は、ミサイルや爆弾によって撃墜された可能性について調査していると明らかにした。イラン当局はこれまでに、技術的またはエンジン火災が墜落の原因との見解を示している。

  イランは事故調査への各国の協力を要請し、ウクライナのチームがテヘランに到着した。運輸安全委員会(NTSB)などの米機関は対イラン制裁を順守しながら調査に関わることが可能かどうかを検討していると事情に詳しい関係者が述べた。最近の米・イランの軍事的な応酬を踏まえ、送り込む調査担当者の安全に対する懸念もある。

原題:Iran Says Boeing Jet Tried to Turn Back Before Crashing(抜粋)
Ukraine Looking at Possibility Plane Shot Down, Among Scenarios、Iran Says Crash Jet Tried to Turn Back as Missile Theory Revives

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE