コンテンツにスキップする

ダイムラーと吉利の「スマート」EV合弁、中国当局が承認

ドイツのダイムラーと中国の提携相手、浙江吉利控股集団は、コンパクトカー「スマ-ト」の電気自動車(EV)を生産する合弁会社について、中国の規制当局から承認を受けて正式に設立した。両社が8日、発表文で明らかにした。

  同合弁は浙江省寧波を本拠とし、資本金は54億元(約850億円)。両社は昨年3月、ダイムラーの小型車部門スマートを中国で生産されるEVブランドへと転換する方針を発表している。

原題:Daimler Wins Approvals for China Smart Venture With Geely(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE