コンテンツにスキップする

米長期金利もゼロに近づく可能性、景気後退なら-FRBエコノミスト

  • 米国の金利はすでに低い-量的緩和策を再展開した場合の効果に疑問
  • 「米国は欧州と日本に近い経験をすることになる」-カイリー氏

米国がリセッション(景気後退)に陥れば米国債の長短利回りがゼロに近づき、景気支援に向けた金融当局の政策手段を制約すると連邦準備制度理事会(FRB)のエコノミストが指摘した。

  FRBで金融安定を担当するマイケル・カイリー氏は緩やかな景気後退でさえ長めの年限で「ゼロに近い金利となる可能性があり、米国は欧州と日本に近い経験をすることになる」と予測した。FRBのウェブサイトに同氏の研究報告が8日掲載された。

  同報告は次の景気下降局面で金融危機時の量的緩和策を再び展開した場合の有効性に疑問を呈し、米国の金利はすでに低く、リセッションとなればその後の数年は「顕著に低下」すると分析している。

  カイリー氏によれば、いずれも比較的緩やかだった1990、2001両年のリセッションで米10年国債利回りは平均1.7ポイント低下した。ニューヨーク時間8日午後の時点での10年債利回りは1.87%。

  研究結果は「1日物から7、10年物に至る年限」がゼロ金利となり得ることを示唆していると同氏は説明。「こうしたシナリオは米国のリセッションが名目金利を前例のない水準に押し下げる可能性を強調し、景気回復を支える金融政策の能力への制約を暗示している」と結論付けた。

関連記事
米金融当局:利下げ余地限られる中、将来の景気対策の考察深める(19年2月配信)

原題:
Fed Economist Sees Long-Term Rates Near Zero in Mild Downturn(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE