コンテンツにスキップする

ファーウェイが銀行と協議、20億ドル調達目指す-インフォメーション

  • 銀行借り入れで約10億ドル、債券発行で10億ドル調達を計画
  • 米制裁でも財務計画に国際的な銀行がなお関与できると示す狙いも

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)が国外での借り入れと債券発行を通じた約20億ドル(約2180億円)調達の一環として、複数の国際的な銀行と交渉している。ジ・インフォメーションが事情に詳しい関係者を引用して報じた。

  報道によると、今回の資金調達は米国による制裁にもかかわらず、同社の財務計画に国際的な銀行をなお関与させることができると示すのも狙い。銀行借り入れで約10億ドル、起債で10億ドルを調達することを目指しているという。

  ファーウェイの広報担当者はインフォメーションにコメントを控えた。

原題:
Huawei in Talks With Banks to Raise $2B: the Information(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE