コンテンツにスキップする
Photographer: HUSSEIN FALEH/AFP
cojp

【NY外為】ドル上昇、円下落―トランプ氏発言で中東懸念が後退

更新日時
Iraqi mourners gather at the Shaheed (martyr) Mohammed Baqir al-Sadr Bridge, named after Mohammed Baqr Al-Sadr, assassinated during the regime of ousted president Saddam Hussein in the 1980's, as they welcome the body of Abu Mahdi al-Muhandis, the slain chief of Hashed al-Shaabi, an Iraqi paramilitary force with close ties to Iran, in the southern city of Basra after it came from Iran on January 7, 2020 ahead on his burial. - Muhandis, killed early on January 3 in a US strike on Baghdad, was seen as Tehran's man in Iraq and a sworn enemy of the United States. The US strike on Baghdad's international airport early Friday also killed his personal friend Qasem Soleimani, a top commander in Iran's Revolutionary Guard Corps. (Photo by Hussein FALEH / AFP) (Photo by HUSSEIN FALEH/AFP via Getty Images)
Photographer: HUSSEIN FALEH/AFP

8日のニューヨーク外国為替市場ではドルが値上がり。トランプ米大統領が声明で、イランは「行動を抑制している」ようだと述べたことを受けて米国株が最高値圏に上昇。ドルも堅調を維持した。一方、逃避需要の後退から円とスイス・フランは主要通貨の大半に対して下落した。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上昇
    • ドル指数は午後、この日の高値付近で推移-欧州時間には同程度の幅で下げていた
    • トランプ大統領は、イランに追加制裁を科す方針を表明した一方で、外交による解決の可能性も示した
      • イランは8日未明にイラク国内2カ所の米軍基地に十数発の精密誘導ミサイルを発射。事情に詳しい関係者によると、攻撃で標的となったのは基地の中でも人的被害が発生する可能性の低い部分だったと、米国防総省は分析した
  • 円はドルに対して12月半ば以降で最大の下げ。アジア時間には、イランによるミサイル攻撃を受けて一時0.7%高となる場面もあった。旅客機がイランの空港から離陸した直後に墜落したとの報道も市場の懸念材料となった
  • ニューヨーク時間午後4時半現在、ドルは対円で0.6%高の1ドル=109円12銭-アジア時間には一時107円65銭と、10月10日以来の安値を付けた
  • ユーロは軟調、ドイツの製造業受注指数は予想外に低下した
    • ユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.1109ドル
  • ポンドは0.2%安-英国の欧州連合(EU)離脱関連法案は、下院での審議を経て週内に通過する見通し

原題:
Dollar Higher, Havens Down as Trump Eases War Fears: Inside G-10(抜粋)

(ポンド相場について追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE