コンテンツにスキップする

ユーロ圏、製造業の景況感が12月に低下-雇用と受注に厳しい見通し

  • ユーロ圏製造業景況指数、マイナス9.3-全体の景況感は小幅上昇
  • 11月のドイツ製造業受注指数は予想外の低下、製造業の低迷を示唆

欧州の製造業界では昨年末に輸出受注と雇用に対する期待が低下し、厳しさが強まる中で新年を迎えた。

  欧州委員会が8日発表した12月のユーロ圏景況感指数は101.5と、サービス業のけん引で11月の101.2から小幅に上昇した。ただ、製造業景況感指数はマイナス9.3と11月のマイナス9.1から落ち込みがさらに深まった。数時間前に発表されたドイツの製造業受注指数も予想外の減少だった。同指数は月ごとの振れが大きいとは言え、ドイツ経済が過去10年で最も厳しい製造業の不振をいまだ克服できていない状況を示唆している。

European manufacturers are more downbeat on the employment outlook

  11月のドイツ製造業受注は前月比1.3%減と、4カ月ぶりの大幅な落ち込みだった。市場では0.2%増と予測されていた。リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)のジョン・ロー氏は、「欧州の消費者の状況はまずまずといった様子だ」とブルームバーグテレビジョンで指摘。「製造業の不振がサービス業に広がらないかが最も重要だ。低迷が製造業にとどまるなら、それだけで欧州経済が腰折れすることはない」と述べた。

ドイツIfo経済研究所のクレメンス・フュースト所長が最新のドイツ景況感について解説

出典:Bloomberg)

Demand for German goods is still falling sharply

原題:
Europe’s Factories Headed Into 2020 With Less Hope for Jobs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE