コンテンツにスキップする

イランの対米報復ニュースでアルゴ発動-ドル・円トレーダーを翻弄

アジア時間8日朝のイランによる対米報復のニュースは通貨を自動的に売買するアルゴリズムを発動させ、一部の通貨トレーダーはこれに振り回された。

  このアルゴリズムには「イラン」や「攻撃」などのキーワードを検出するプログラムが組まれていたため、イランがイラクにある米軍駐留基地をミサイル攻撃したとのニュースに即座に反応。これにより、円買いドル売りの大量注文が出されたと、アジアを拠点とする複数のトレーダーが匿名を条件に述べた。

  1ドル=108円45銭でドルをショート(売り持ち)にしていた多くのトレーダーは、ドルがアルゴ主導で107円65銭まで下げを加速した過程で買いを強いられ、ドル・ロングになってしまったという。

  ドルは日本時間午後4時現在、108円40銭で取引されている。

USD/JPY sinks, rebounds amid Middle-East newsflow

  

原題:Algos Seized on Iran Headlines Then Currency Markets Turned (1)Algos Seize on Iran Headlines to Leave Some Traders With Losses

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE