コンテンツにスキップする
cojp

イランが報復、市場はリスク再評価迫られる-投資家の自衛策は

  • ETFや指数に関連したデリバティブを買い増す-アンバー・ヒル
  • 中国株の「ポジションを調整するつもりはない」-キーワイズ
relates to イランが報復、市場はリスク再評価迫られる-投資家の自衛策は

イランが米国による精鋭部隊司令官殺害に対する報復を行ったことで、金融市場は再び動揺し、投資家は地政学的リスクの再評価を迫られた。

  イランがイラクにある米軍駐留基地を攻撃したことを受けアジア時間8日朝にはリスクオフの動きが広がった。戦争を目指しているわけではないとのイランの主張を受け、市場はその後、落ち着いた。

  長期的な見通しの鍵になるのは、米国とイランが互いに攻撃し続けるかどうかだ。市場参加者からは、中央銀行が供給する流動性を理由とした楽観論や、相場下落に備えたヘッジ戦略、当面は何もせず様子見するなどの声などが聞かれた。

Gold and crude oil soared, then pared moves after Iran attack

  マッコーリー・コモディティーズ・アンド・グローバル・マーケッツのアジア戦略責任者、ビクター・シュベッツ氏は「中銀はシステムを流動性であふれさせている。そうである限り、投資家は中銀が経済問題を解決し、政治が地政学的問題を解決すると信じていることができる。株式市場が安心しているのはこのためだ」と語った。

  アンバー・ヒル・キャピタルの資産運用ディレクター、ジャクソン・ウォン氏はポートフォリオのリスクを減らすためのヘッジを増やしているとして、「主にやっているのは、全体的な一段の相場下落に備えて一部の上場投資信託(ETF)や指数に関連したデリバティブ(金融派生商品)を買い増すことだ」と話した。

  一方、キーワイズ・キャピタル・マネジメント(HK)のポートフォリオマネジャー、レイモンド・チェン氏は中国株の「ポジションを調整するつもりはない」と言う。米国とイランの紛争は「景気回復トレンドの中での短期的な出来事」だとした上で、「それでも両国が判断ミスを犯すリスクはある」ため、「事態がどう展開するか様子を見る」と語った。

関連記事
米10年債利回り1.5%、1ドル=105円の可能性も-AMPのオリバー氏
イランの対米報復は「形だけ」-深刻視せずとマニュライフのトリン氏

  

原題:
Buy the Dip, Wait and See, Add Hedges: Investors on Iran Strike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE